カンジタてどんな病気?

カンジタは性病の中でも、カンジタ菌というものが原因で起こる病気です。このカンジタ菌はカビの一種です。

それが女性の膣、外陰部に感染して起きてしまう病気で、症状としては、かゆみがあります。

かゆみが代表的な症状なのですが、その他にもおりものに変化が見られます。

おりものが酒粕やチーズのようになってしまうことがあり、この症状を見て初めてカンジタを疑われるという人もいます。

また、それだけではなく、性交渉のときに痛みを感じてしまうこともあり、またかゆみだけではなく、厚くなって痛みを感じてしまうということもあります。

このようにカンジタ菌は、かゆみだけではなく、性交渉ができなくなってしまうような痛みを伴ってしまうこともありますので、感染したくない病気でもあります。

そして、カンジタの厄介なところは、かゆみがあるのでそれを書いてしまって、さらに悪化してしまうということにあります。

かゆみでかいているときに、傷を付けてしまって、それが腫れを引き起こしてしまいますし、ひょっとしたらその傷から。別の感染症を引き起こしてしまうこともあります。

かゆいだけなのかと甘く見てしまうと、もっと重篤な症状を引き起こしてしまうこともありますからあなどってはいけない病気です。

日本の物価