カンジタの原因いろいろ

カンジタはカンジタ菌の異常繁殖が原因になります。カンジタ菌は、常在菌ですから、体からなくすということはできないのですがそれでは繁殖してしまう原因とはなんでしょう。この異常繁殖を抑えることがカンジタを発症しなための鍵になります。

まずは疲れやストレスです。疲れやストレスによって免疫機能が低下してしまうと、カンジタ菌の発生を抑えられなくなりますから、カンジタになってしまいます。

次は抗生物質の使用です。これはカンジタ菌を殺してしまうので、逆に治るのではと思ってしまいますが、一度死滅したカンジタ菌がまた復活するときに、カンジタ菌が増えてしまうことがあります。つまり抗生物質をやめたあたりが危険ということです。抗生物質をやめてしまったときは、体調をなるべく落とさないようにしてください。

もちろん、性交渉の相手がカンジタ菌を持っていたら、とうぜんうつってしまいます。男にもカンジタはありますから、カンジタ派は称した男性との性交渉はカンジタになります。

カンジタが発症するには以上のような原因があります。意外にも性交渉以外の経路が多いのがカンジタの特徴です。だからカンジタになったからと言って、パートナーを疑うというのは、違う可能性もあります。まずは自分の体調を考えてみてください。

日本の物価